代理店・フランチャイズを始めるときの注意点


最近のフランチャイズ事業について

近年、コンビニやファストフードなどの事業で代理店・フランチャイズといった、個人がオーナーとなり加盟店に加わることで本部に運営のノウハウを借りて運営されている店舗が増えてきています。そういった店舗は大体が余っている土地や、退職金などのまとまったお金の使い道として出来たものが多いです。一見始めやすく、メリットも多いと思われるフランチャイズですが、一方でこの事業から撤退している人が多いということはご存知でしょうか?

なぜ撤退する人が多いの?

先ほども述べたようにフランチャイズから撤退する人は多くいます。では、なぜ多くの人がメリットが多いはずのフランチャイズから撤退してしまうのでしょうか。まず、最初に考え付くとも思いますが、挙げられるのは利益が得られないからです。この原因としては本部からの説明不足や契約条件などに問題があることがあります。そういったときに損害が出てしまっても本部からの補てんなどはなく、すべて自己負担になってしまいます。このため契約の際には十分な注意が必要なのです。

損害が出ないようにするために

契約の際に注意するといいましたが、この時に専門家をつけるのも一つの手であります。こういったフランチャイズ契約に関して詳しい弁護士事務所や相談所も数多くあり、こういったところに相談しに行くのがよいでしょう。また、もし損害が出てしまっても本部の責任であることが明らかである場合には裁判などで損害賠償請求できる場合もあります。ですが、これは契約を結んでしまった後であり、証明することも難しいのでなかなかない事例です。注意してフランチャイズを成功させましょう。

代理店とは、メーカーや個人に代わって、商品やサービスを販売する会社または個人です。メーカーや個人にとって、営業力のある企業に販売を委託すれば、効率よく販路を確保できるメリットが得られます。