印刷の種類には様々なのがあり適したものを選ぶ


オフセット枚葉印刷の方法

オフセット枚葉印刷の方法は、現代の一般的な印刷方法です。印刷機には、1枚1枚切り離されている枚葉紙がセットをして院差をします。平板印刷で、アルミ板で出来てるPS版を使います。他には、樹脂版や板紙をベースにする版材を使用する事もあります。オフセットは付けて離すという意味になるので、この印刷の方法をそのままを表しています。版に付けたインキを一度ブランケットに転写してから、紙に転写する間接的な方法になります。一度に刷れる色数により、大小様々な印刷機があるので

オフセット輪転印刷の方法

印刷機に取り巻き紙をセットして、印刷をする方法です。枚葉印刷よりは、数倍速く連続的に印刷が出来ます。適しているのは新聞や折り込みチラシなどで、短時間で数倍の速さで印刷仕上がるからです。用紙の大きさが決まっていて、機種によって異なっています。A版・B版それぞれに、用紙幅が3種類あります。折りなどの加工も、インラインで可能です。単価が低価格であるので、大量の印刷をしても価格が気にならないたのも特徴です。

グラビア印刷の方法は

雑誌のグラビアでなじみのある印刷方法で、版式としては凹版印刷になり版表面は非印刷部分になります。版はラップアラウンド版の表面をエッチングした状態にして、銅又は銅板に巻き付けます。。製版方法としては、コンペんショナル法・銅グラビア法・電子彫刻方があります。方法を、印刷の目的別に使い分けが出来ます。コンベンショナル法は、グラビア等の写真に適していて高品質な印刷です。銅グラビア法は、雑誌等の印刷に向いています。

封筒印刷は、印刷会社に依頼する他、パソコンが普及している現代では、自分で様式を作成し、印刷することもできます。