顧客を獲得するためのアプローチでやっておきたいこととは!?


初回客へのアプローチ法

初回客の場合、店側との信頼系がまだしっかり出来ていないのが普通です。こちら側がやってはいけない例として、求めている商品と別の商品まで買わせてしまい、その後に後悔させないないこと(バイヤーズリモース)と、頻繁に接触しないことにより、こちら側のことを忘れられてしまうことがあげられます。ですので、こちら側がやらなければならないことは、商品に対する理解を高めてもらうために、メルマガ等を駆使して情報を届け続けることです。しつこくならない程度に接触し続けることで、互いの信頼関係が少しずつ築かれていきます。

よちよち客とコツコツ客へのアプローチ法

よちよち客も、まだまだこちらとの信頼関係が弱いです。しかも、他の会社が自社と似たような商品を提供してきた場合、あっさりと乗り換えられる可能性が高いと言えます。なので、こちら側がすべきことは、自社の魅力を十分に伝え続けることが大切です。例えば、お客様に対する気配り、自社の商品やサービスに対するこだわりしっかり伝えることも必要です。コツコツ客はある程度信頼関係を築けてきているので、商品に対する知識をさらに深めてもらい、メインの商品に加え、さらに良い効果が出るような商品を紹介していくことが大切です。

流行客に対する注意点

流行客は、短い期間で大量に商品を購入してくれるのですが、バーゲンや割引セールの時だけの買い物に終始していることが多く、長期的に見て利益率は低いと見て間違いないでしょう。クレームがしつこい客も流行客の中から出てくること多いです。単発で多額の買い物をしてくれるので、優良客と勘違いしやすいのですが、ここは冷静に判断しておいたほうが無難です。バーゲンセールなどで頻繁に安売りをしてしまうと、こうした客が増えてしまう結果を起こし、利益が少なくなり、さらには品質の低下すらも招いてしまうので注意が必要です。このように、顧客を見極める能力も大切になってくるのです。

eラーニングとは、「electroniclearning」の略でコンピューターを利用した教育システムです。