事前調査が大切!倉庫選びで注目したい立地の条件


幹線道路に近い立地の倉庫は便利

倉庫物件の選択では、立地の重要性が高いです。物品の運搬に便利なように、倉庫周辺に主要な幹線道路があると便利ですね。特に高速道路のインターチェンジが近い立地であると、遠距離の物資輸送に便利です。倉庫の敷地内も目を向けて、トラックの出入りがしやすいかどうかもチェックしたいポイントに挙げられます。大量の物資輸送には大型トラックが不可欠であり、そのままトラックが乗り入れて物品を搬入搬出できた方が作業効率がいいですね。

住宅街に近い立地の倉庫に対する注意点

倉庫によっては住宅街に近い物件も存在し、そのような倉庫は住民トラブルが起こる可能性を考慮する必要がありますね。倉庫周辺を頻繁にトラックが行き交うと、周辺地域に対する騒音や振動の問題が発生します。また地域の道路をトラックが行き来すると、接触事故を起こすことも否定はできません。そこで倉庫の周辺環境を確認し、大きな住宅街が隣接するようであれば注意を要します。現地を下見し、人通りの多さを確認して選べばトラブルは避けられるでしょう。

災害に対し安全性が高い立地の倉庫が有利

倉庫は、立地によっては災害に遭遇しやすいため注意しなければなりません。例えば大きな河川に近い倉庫は、大雨の際に洪水被害にあうケースも考えられるでしょう。補償が受けられるとしても、少しでもトラブルの可能性があるなら避けることも判断の一つです。また地震災害に備え、影響を受けにくい地盤の倉庫を選ぶことが大切ですね。強固な地盤を持つ土地の倉庫を選ぶと、建物の傾きで保管物が破損する事態を避けられるでしょう。

3PL業者のサービス内容は、物流業務の改善案の提出、物流業務に必要な人材の提供など多岐に渡ります。物流業務を弱点と感じている荷主企業にとって特に利用価値が大きなサービスといえます。