仕事で成長する為に!失敗に対しては真摯に受け止めましょう


成長出来る人は失敗を冷静に認められる

仕事では失敗する事もあります。それまでした事がない仕事をする場合、手探りでやり方や正解を探っていかなければなりません。経験が豊富な人は、その経験を活かし、応用によって、初めての仕事でも、対応が出来ます。それでも、小さなミスは出るでしょう。その時、仕事で大きく成長出来る人は、その失敗を真摯に受け止めて、その後、失敗しないようにどうすれば良いのかを考えられます。成長出来無い人は、逆に、自分のミスでは無い、他人が悪いからだと、責任転嫁を行います。

ミスを責任転嫁する人

ミスを責任転嫁する人は、自分のプライドを守る事は出来るでしょう。仕事をする際、自分に自信を持てなければ、何も出来ません。自信の無さから、全てが慎重になってしまい、作業時間が遅くなる事もあります。失敗するのを過度に恐れてしまい、プレッシャーに押し潰されそうになって、本来のパフォーマンスから程遠い結果を出す事になるでしょう。具体例として、一対一なら普通に話せるけれど、大勢の前でのプレゼンではしどろもどろになる等が挙げられます。

失敗と向き合って冷静に分析する

プライドと自信を保つ為に、責任転嫁をしたら、成長するのはなかなか難しい事になります。ある程度、自信を持つ事は必要ですが、その為に、失敗から逃げるばかりでは、成長は難しいでしょう。成長をしてより良い結果を出したいのなら、仕事に対して真摯に向かい合う事も大切です。失敗をしたら、責任転嫁をするのではなく、自分に原因が無いかどうかもきちんと探った方が良いでしょう。そして失敗の原因があるのなら、どうすれば治せるのかを冷静に分析する必要があります。

現在のワークフローシステムの多くはカスタム性能を備えていますが、不用意にカスタムしてしまうと使い手である社員達がついて行けません。社員達の声を十分聞いてからカスタムすることが大切です。